田知本遥のプロフィール!ピンク好き?出身高校や大学はどこ?

出典:http://s.judo-ch.jp/

出典:http://s.judo-ch.jp/

こんにちは、倫太郎です!

リオオリンピック金メダリスト・田知本遥選手がかわいい!

と話題になっています!

ネットでは、

女優の武井咲さんに似てる!

という声が上がってるくらいです。

確かに試合後のインタビューで

テレビに出て来た時に、

可愛らしい選手だなと思いました。

それでいて、

金メダリストですからねぇw

かわいいし、かっこいいです!

そんな金メダリストの田知本遥選手について

今日は見ていこうと思います。

身長や体重などのwiki的なプロフィールから

出身学校、さらに”ピンク”との関係??などなど、

気になるところを見ていきます!

田知本遥選手のインタビュー動画

ありますよ!

では早速いってみましょう!



スポンサーリンク




田知本遥プロフィール

出典:news.yahoo.co.jp

出典:news.yahoo.co.jp

名前:田知本遥(たちもと はるか)

生年月日:1990年8月3日

出身地:富山県射水市

血液型:A型

身長:167cm

階級:70kg級

所属:綜合警備保障

身長も167cm

大きくて恵まれた身体をしています。

初め”田知本”という名字を見て、

見覚えあるなぁと思ったら

お姉さんの現在78kg級で活躍されてる、

田知本愛選手を覚えていたからでした!

姉妹揃って日本のトップクラスのいるって

凄いですね。

お姉さんの田知本愛選手が

まるで自身の金メダルのように

涙を流して喜んでいたのが

テレビで中継されて

こっちまで、うるっと来てしまいました。

普段はめっちゃケンカが多い

姉妹らしいですよw

なので、

田知本遥選手も

田知本愛選手がこんなに喜んでくれるとは

意外だったようです。

でもこういう時に

姉妹や兄弟の絆の強さ

分かりますね!

素敵な姉妹だなぁと思いました。

さて、

今や金メダリストになった田知本遥選手ですが、

どこの学校で練習に励んでいたのでしょうか?

出身高校や大学はどこ?

出典:skippbeat.hatenablog.com

出典:skippbeat.hatenablog.com

柔道を始めたのは、

小学校2年生の時で、

お姉さんの田知本愛選手と一緒に

競技生活をスタートさせました。

ちなみに出身小学校は、

射水市立小杉小学校!

出身中学は、

射水市立小杉中学校!

です。

そして中学卒業後も

地元の高校に進学されます。

富山県立小杉高等学校ですね。

すでに中学時代から

活躍を見せ始めていましたが、

高校生になって国際大会などでも

優勝するようになります。

具体的には、

ベルギー国際、アジアジュニア、世界ジュニア

優勝されています。

やっぱりオリンピックで

金メダルを獲得するような選手は

学生の頃から

世界と戦って結果を出しているんですね。

そして、

高校時代に実績を作った田知本遥選手は

実業団入りと大学進学を迷って

大学進学を選びます。

ということで

出身大学は

東海大学です!

そんな学歴の田知本遥選手ですが、

”ピンク”との関係が話題になっているのですが

一体どういうことなのでしょうか?



スポンサーリンク




ピンク好きなの?

出典:webun.jp

出典:webun.jp

ホントに、

かわいらしい方ですね。

女子柔道は70kg級くらいになると

厳つい選手が多いイメージですが、

田知本遥選手はとても女性らしいです。

ということで調査してみると、

特に田知本遥選手と”ピンク”

結びつける決定的な情報は

ありませんでしたが、

ピンクが好きだったり

するのかもしれませんね。

とても女性らしいので

ピンクが似合いそうですし。

柔道やってるときの

勇ましい姿と対照的で、

プライベートでピンク色のかわいい私服なんて

着てたらギャップがたまりませんw

プレゼントを贈る際は

ピンクの物を送ったら、

喜んでくれるかもしれません。

ではこの辺で、

田知本遥選手のインタビュー動画

見てみましょう!


有言実行とは、この事ですね!

誠実に柔道と向き合って

努力を重ねた田知本遥選手の金メダル、

日本国民としてホントに嬉しいですね!

リオ・オリンピック、柔道金メダリスト情報はこちら!!

こんにちは、倫太郎です! イケメンハーフ柔道選手のベイカー茉秋選手が かっこいい! と話題になっ...
こんにちは、倫太郎です! 柔道の大野将平選手がかわいそうな理由が知りたい! と話題になっています。 ...

まとめ

同じ日本人として

こんなに誇らしい気持ちになるんですから、

ご本人の喜びといったら

想像を遥かに越えるものなのでしょうね。

これからも競技人生は続いていくと

思いますので

ゆっくり休んでまた、

東京オリンピック連覇に向けて

連勝街道突っ走って下さい!





スポンサーリンク