2019年(平成31年)新元号(平成の次)は何?決め方や誰が決めるのか知りたい!

こんにちは、倫太郎です!

天皇陛下が譲位を希望していることは、

ずっとニュースになってきましたが、

ついに”平成”が終わる可能性が現実味を帯びてきました!

私は昭和生まれなので、

”平成”になる時も、

もちろん経験していますが、

三つめの元号を経験することになります。

では一体、

いつまで平成が使えるのか、

新しい元号は何になるのか。

”平成”に変わった時も色々、

混乱もありましたし、

誰が決めるかなどなど、

色々気になりますよね。

では早速見てみましょう!



スポンサーリンク




平成はいつまで?

これは平成になった時を

経験してる方なら覚えてると思いますが、

1989年の1月に一週間だけ、

昭和64年がありましたよね。

なので、

昭和64年の印字が入った10円玉とか、

手に入って喜んでた記憶がありますw

懐かしいですねw

もうあれから、

30年が経とうとしてるんですね。

年をとるはずですw

で、

今回の新元号に関する報道によると、

平成は2019年(平成31年)4月30日まで。

そして、

新元号が2019年(平成31年)5月1日から!

ということです。

その理由も、

国民生活への影響を最小限とするため!

とのこと。

以前の教訓もあるのでしょうね。

となると、

東京オリンピックの時は余裕で

新元号です。

さて新元号は何になるのでしょうか?



スポンサーリンク




元号って誰が決めるの?

元号を誰が決めてるのかって、

案外知りませんよね?

天皇陛下が、

案を出しているのでしょうか?

ということで、

過去の例として”平成”の時を見てみると、

8人の有識者による『元号に関する懇談会』を開催し、

衆参両院正副議長の意見を聞き、

総理官邸で閣議を開いて、

閣議決定しています。

なので、

政府が決める!(閣議で決定する!)ということですね。

ちなみに、

『平成』は陽明学者の安岡正篤さんの案だったとも

言われています。

日本という一つの国にとって、

とても大きなことなわけですが、

国民の意見が入ることや、

天皇陛下のお気持ちが反映されることは

ないようです。

一般公募なんて絶対ないわけですねw

さてさて、

では”平成”の次の新元号は何になるのでしょうか?

新元号は何になる?

ここが一番気になるところです。

ちなみに、

平成の時に最終候補までいって、

採用されなかったのは、

『修文』『正化』の二つです。

まぁこれがまた

候補に上がる可能性があるのかどうかは、

ちょっと分かりませんが、

『平成』も江戸時代最末期『慶応』の時に、

案として出たことがあるので、

以前の案が採用されることも

ゼロではないようです。

2回連続ローマ字表記の頭文字が同じになるのは

不都合という部分があるようなので、

新元号はローマ字表記の頭文字が『H』はないだろう、

ということになります。

あと、

漢字二文字であるとか、

使いやすいことなども、

大事になってくるので、

やたらと複雑なものも採用されないでしょう。

さぁ、

もう早速有識者の方々が、

考え始めてると思いますが、

何になるとおもいますか?w

一部『安久』などの予想も出始めてますが、

これを当てるのは至難の技ですね!

まとめ

なんだか歴史の中に

生きてる!って感じがして

ワクワクしますね。

最近はアイドル達も

平成産まればかりですが、

〜〜ちゃんは”〇〇産まれ”かぁ〜、

なんて新元号を使う時が来るわけですw

歴史が動く瞬間、

楽しみですねw





スポンサーリンク