銀と金(ドラマ) 第2話のあらすじやネタバレ感想!動画はamazonプライムでも配信?

こんにちは、倫太郎です!

今日は『銀と金』の第2話

ごさいます。

知らない人もいるかと思いますが、

この『銀と金』は、

あの有名な『カイジ』や『アカギ』などを

書いてる福本伸行先生の作品であります。

なので、

内容はお察しの通り、

なかなかヤバいですw

ってことで、

早速銀と金の第2話について、

実際に見た感想やあらすじ等々を

お話していきたいと思います!

※今日の記事には、

ネタバレ内容もありますので、

ドラマの内容を知りたくない方は

くれぐれも注意して下さいね!

では早速いきましょう!



スポンサーリンク




まずは『銀と金』予告編から!

第1話に続いて今一度、

テレビ東京の予告編を見てみましょう!

福本伸行ファンには、

本当たまらんですねw

※先に今までの回のネタバレ感想を知りたい方はこちら↓

【関連記事:銀と金(ドラマ) 第1話のあらすじやネタバレ感想!見逃してもamazonプライムで無料で見れる?

ということで、

第2話のネタバレ感想を見る前に

自分の目で確かめたい!という方は、

下記から無料体験できますよ!

     ↓↓↓
>>Amazonプライムビデオ無料体験を試す<<

ではいよいよ

第2話スタートです

平井銀二の仲間紹介から

第一話で最後に平井銀二に、

呼び出されたカフェバーからスタート。

そこで平井銀二は、

信頼してる仕事のパートナーたちを

森田鉄雄に紹介する。

まずは、

元検事の船田正志。

そして、

警視庁OBの安田厳。

最後はこの店のオーナーで

元新聞記者で謎の多い巽京子。

この3人と平井銀二。

それに森田鉄雄を足した5人が

この物語の主な登場人物。

簡単な仲間紹介が終わったら

早速仕事に出るようで、

森田鉄雄も一緒に来るように命ぜられる。

着いた場所は横浜中華街

とあるお店で、

美女を連れて豪遊してる男が一人。

その男の名は、

”梅谷哲”!

株の仕手戦の本尊として、

”日本旭”という会社の株を

買いまくってる梅谷哲。

すでに梅谷哲が買った値段より、

かなり値上がりしてる日本旭の株価。

梅谷哲としては、

持ち株を日本旭に買い戻させたいところ。

しかし、

もしも日本旭が買い戻さなければ、

梅谷哲は大きな損失を被ることになる。

この仕手戦。

現段階では梅谷哲が不利な状態で、

金策に走るほど逼迫してる状況。

さらに、

大阪の実家を担保に、

お金を借りそうとしてる始末。

当初平井銀二グループの計画では、

梅谷哲を潰してなりかわり、

仕手の本尊になる予定だった。

なので梅谷哲が日本旭にナメられては

都合が悪い。

しかし平井銀二は決して焦らない。。

梅谷哲をさらう計画にあっさりと変更する。


梅谷哲を待ち伏せる平井銀二

日本旭の件で、、、

と梅谷哲を呼び止め、

料亭の個室で話し合いの場を設ける平井銀二一派。

そしてこう告げます。

50億融資する、、、

そして、

あなたになり変わって仕手戦の本尊になる

と。

それに対し、

怒鳴り散らす梅谷哲だが、

もう資金は相当に厳しい状況。

終いには、

若造の森田鉄雄に慰められる始末。

それでも、

まだやれると諦めない梅谷哲に対し、

平井銀二は次の策に出る。

帝銀から資金を断つ!

梅谷哲が日本旭の株を

買っても買っても日本旭が

折れない理由。

それは帝銀の後ろ盾があるから。

そこで、

帝銀の弱みを握って

梅谷哲への資金の流れを断つ計画。

そこはさすが平井銀二。

帝銀の貸付担当の内村が

不正融資をやってる事実を掴んでいる。

そして、

その内村を呼び出して、

早速揺さぶりをかける。

会社は結局あんたにすべての

責任を押し付ける。

それなのに、

恩義を感じる必要なんてない。

会社はやめることになるが、

今なら帝銀が大赤字会社の丸双不動産に

融資を続ける理由を5000万円で買うという。

平井銀二の手にかかれば、

どんな人間でも思った通りに

動くことになる。

内村も例外なく、首を縦に振った。



スポンサーリンク




森田鉄雄がボディーガードに

情報を会社にバレないように

情報をコピーした内村に対し、

森田鉄雄がボディーガードについた。

その帰り道。

ある男二人組を見た内村が

突然走り出し、

森田鉄雄は見失ってしまう。。。

そしてその後、

内村は変わり果てた姿となって発見されることとなる。

梅谷哲ついにギブ

内村を見失った森田鉄雄は

反省していた。

だがそれよりも、

梅谷哲の話を聞いてこいと

平井銀二に言われ、

梅谷哲と落ち合う。

そこで、

ついに金が底を尽きた梅谷哲は、

ギブアップし、

平井銀二に日本旭の株全てを

渡すと森田鉄雄に伝える。

こうなれば、

あとは帝銀をゆするだけ。

平井銀二の手腕がいかんなく発揮される!

帝銀をゆする

帝銀が私文書偽造という不正を犯してまで、

丸双不動産に融資している理由。

そして、

その莫大な資金が、

どこへながれていたのか。

さすが平井銀二。

全てお見通しだった。

丸双不動産に流れた資金は、

一番親密な関係の政治家、

自由民政党の海堂に流れていると読む。

その海堂は帝銀の頭取の義理の息子。

直接資金を流すわけにいかないという理由で、

丸双不動産を抜け穴に使っていた!

というもの。

その資金の流れを突き止めた平井銀二は、

このネタでゆすりにかかる。

帝銀頭取の土門、

丸双不動産社長の丸石、

国会議員の海堂。

この3人が合う機会を作る。

疑惑の3人が集まる

ホテルの従業員を買収して、

3人が集まると思われるホテルの部屋に、

盗聴器を仕掛け、

3人の会話を聞く平井銀二一派。

しかし、

海堂と丸石が揃ったところで、

土門が来る前にホテルを出る二人。

ただの待ち合わせ場所だったようだ。

そして、

海堂と丸石が乗った車を追おうとしたその時、

警察に職務質問をされてしまう。

ただそこは平井銀二。

素直に言うことを聞くわけもなく、

ただ運転手の森田鉄雄に一言、

踏め。

そして、

警察を振りほどき急発進!

ここで、

第2話終了!!

感想

やばい、面白いw

漫画は漫画の面白さがあるけど、

またドラマは別物。

そして、

つくづく思うけど、

こんなストーリー思いつく福本伸行先生が

多分一番やばいw

※今すぐ銀と金の第2話を

チェックしたい方は、

下記より無料体験出来ますよ!

     ↓↓↓
>>Amazonプライムビデオ無料体験を試す<<

※Amazonプライムの加入方法

無料体験期間だけで解約する方法等の情報は

こちらにまとめてあります↓

こんにちは、倫太郎です! 最近は滅法テレビを見ることがなくなり、 PCで『Hulu』や『Amazonプライムビデ...

まとめ

まだ第2話なのに、

相当ざわざわしてます。

平井銀二のリリーフランキーさんも

超絶はまり役ですw

他の回のネタバレ感想を知りたい方はこちら↓

【関連記事:銀と金(ドラマ) 第1話のあらすじやネタバレ感想!見逃してもamazonプライムで無料で見れる?

早く第3話が見たい!

一週間待つのいやだから、

最終回終わってから一気に見ようか迷うw





スポンサーリンク