日本アドラー心理学会がフジテレビへ中止要求?抗議文全文を調査!

こんにちは、倫太郎です!

日本心理アドラー心理学会をご存知でしょうか?

現在、フジテレビのドラマ「嫌われる勇気」で、

香里奈さん主演で放送されているドラマ

原作となった、

アドラー心理学の研究と啓発を

目的に設立された学会です。

その「嫌われる勇気」に対して、

日本心理アドラー心理学会が、

放送を中止するよう

抗議・要求をしたことがわかりました。

ドラマは今後放送は中止となってしまうのでしょうか?

何故中止要求をしたのでしょうか

抗議の理由と抗議文全文や、

制作サイドのフジテレビの対応について、

調べてみました。



スポンサーリンク




日本アドラー心理学会とは

日本アドラー心理学会
理事:中井亜由美

日本心理アドラー学会は、

アルフレッド・アドラーが提案した、

「アドラー心理学」の

研究と啓発をしている学会です。

アルフレッド・アドラーは、

1870年にオーストリアに生まれた、

精神科医・心理学者・社会理論家で、

個人心理学「アドラー心理学」を創始しました。

世界をよりよくすることを望んでいた方のようです。

香里奈主演のドラマ「嫌われる勇気」への放送中止要求

ドラマ「嫌われる勇気」は、

岸見一郎さんと古賀史健さんの共著、

『嫌われる勇気 自己啓発の源流「アドラーの教え」』という、

アルフレッド・アドラーの「アドラーの心理学」を解説した本を原案に、

制作されたドラマです。

同名タイトルにて舞台化もされています。

日本アドラー心理学会が、

ドラマに対し抗議をし、

今回のドラマの放送中止要求

したとの報道がありました。



スポンサーリンク




中止要求理由と抗議文全文!フジテレビの対応は?

何故今回の中止要求となってしまったのでしょうか?

日本アドラー心理学会が、

抗議・放送中止を要求した理由としては、

アドラー心理学の一般的な理解とは、

異なるということのようです。

日本アドラー心理学会は、

同学会のサイトに抗議文を掲載し、

見解を示しているようです。

一部抜粋

そもそも「勇気」とは、
「勇気とは共同体感覚のひとつの側面である」
(アドラー)と言われておりますように、
「共同体感覚」と関係して理解されております。
「共同体感覚」とは「共同体感覚は、
人々が相互に理解し合い、一致に到達し、
意見や信念を分かちあうことを可能にするものである」
(ヘレーネ・パパーネク)と言われるように、
他者と共同し協力して生活する能力のことを意味します。
しかるに、ドラマ『嫌われる勇気』の中では、
たとえば「私はただ、感じたことを口にしているだけ」
と言っている主人公を「ナチュラルボーンアドラー」
としているなど、
「相互理解のための努力」や
「一致に到達する努力」や
「意見や信念を分かちあうための努力」の
側面を放棄しているように見受けられます。

抗議分全文は下記ページに掲載されています。
抗議文全文はこちらから

哲学要素が入っているので、

わたしには少し難しい内容ですねぇ。

また、

今回の抗議に対して、

制作サイドのフジテレビは、

どのように対応したのでしょうか?

フジテレビ側は、

放送継続するとの意向を示しているそうです。

フジテレビとしては、

ドラマなので、

多少の脚色をしているとの見解で、

日本アドラー心理学会はその脚色が、

本来の意味とは違うことになっている

ということなのでしょうか?

両者の言い分は、

平行線を辿ることになりそうですね。

「嫌われる勇気」の原作本も発売されています。

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え
by カエレバ

まとめ

両者意見が食い違い、

解決は難しそうですが、

今後どうなってしまうのでしょうか?

主演の香里奈さんはどんな心境なのでしょうか?

気になるところですね。





スポンサーリンク