堀島行真(中京大学)は池田町出身!ホームゲレンデや高校・姉を調査!

こんにちは、倫太郎です!

フリースタイルスキーの世界選手権

モーグル・デュアルモーグルの2冠に輝いた

堀島行真(ほりしま いくま)選手を

ご存知でしょうか?

平昌五輪の金メダル有力候補

となった堀島選手は

中京大学に通う

岐阜県揖斐郡池田町出身

フリースタイルスキー選手です。

堀島選手のホームゲレンデや出身高校

そしてについても調査してみました。



スポンサーリンク




堀島行真(中京大学)のプロフィール

名前:堀島行真(ほりしま いくま)

生年月日:1997年12月11日生

出身地:岐阜県揖斐郡池田町

身長:166cm

体重:54kg

所属:中京大学(スポーツ科学部)

愛称:いっくん

堀島行真選手は1997年生まれで

生後1年という若さで

スキーが大好きなご両親の影響を受け

スキーを始めたそうです。

1歳でスキー??

才能ってすごい!

1歳で出来るんですね。

小学校4年生の時から本格的に

モーグルを始めるようになり

5年生で初めての大会に出場されます。

ただこの時には完走する事が出来ずに

悔しい思いをし、

一番を目指すと心に誓ったようです。

その思いが次々に結果として

出てくるから凄いですね!

中学3年生の時には

夏の全日本ウォータージャンプ選手権

ビックエアで優勝、

高校2年生の時には、

世界ジュニア選手権デュアルモーグル

7位入賞を果たすと、

高校3年生の時には

フリースタイル・ワールドカップ開幕戦

3位となりついに世界の表彰台に上ります!

凄いですよね。

この年には、

ルーキー・オブ・ザイヤーにも

選出されるなど着々と世界への

階段を上って行くのです!

そしてついには、

2017年アジア冬季競技大会

モーグル2種目での優勝をひっさげて

シーズン最大の目標でもある

フリースタイルスキー&スノーボード選手権

日本代表として出場し、

第一人者である、

ミカエル・キングズベリーらを抑え

小学校5年生の時に心に誓った

「一番を目指す!」を果たす

世界選手権初出場初制覇

成し遂げました!

堀島行真は池田町出身?

堀島行真選手は、

岐阜県揖斐(いび)郡池田町出身です。

池田町は人口約24.000人の小さな町です。

池田町の出身者には

プロ野球で完全試合を達成し

活躍された佐々木宏一郎さん

がいらっしゃいます。

池田町のマスコットキャラクター

「ちゃちゃまる」

も堀島選手を応援しているようで、

ツイッターで祝福メッセージを

投稿していましたね。

堀島選手は池田町の誇りなんでしょうねぇ。

オリンピック金メダリストの故郷

PRできる日も近いかもしれませんね



スポンサーリンク




堀島行真のホームゲレンデはどこ?

堀島行真選手のホームゲレンデについて

調べてみましたが、

詳しい記述はありませんでした。

でも堀島選手の地元揖斐郡には

国見岳スキー場があります。

岐阜県揖斐郡揖斐川町春日美束にあって

モーグルができる場所もあり

スキー場へは池田町から約1時間ほどで

到着するようです。

このスキー場

一生懸命練習されていたのでは

ないでしょうか?

ちなみにスキー場おすすめのごはんは

ビビンバカルビ丼950円

だそうです。

スキーで一汗掻いた後に、

食べてみたいですねぇ。

出身高校はどこ?

堀島行真選手の出身高校は、

岐阜第一高校で、

男女共学の私立の高校です。

先輩には北京オリンピックで

銅メダルを獲得した競輪選手

永井清史さんなどが

いらっしゃるようですね。

同じくオリンピックで

メダルを狙う堀島選手には

心強い先輩ですね。

姉について

堀島行真選手には2歳年上のお姉さん

いらっしゃいます。

お名前は堀島有紗さん、

実は姉の有紗さんもモーグル選手

堀島行真選手が

中学生の時に優勝した

全日本ウォータージャンプ選手権では

有紗さんも準優勝しており

姉弟で表彰台に上る快挙をされております。

そして現在、行真選手と同じ中京大学

スポーツ科学部に在籍されている

小柄で可愛らしい女性です。

ご姉弟で撮られた写真がありました。

お姉さんが成人式の時の写真のようですね。

写真からも仲のいい姉弟

というのが伝わってきますね。

堀島有紗さんは、

スポーツショップから

ウェアなども提供してもらうほど

有望な選手のようですが

ご本人のSNSからは

厳しい戦いが続いており

まだこれから力をつけて

上を目指していくとされております。

そんなご両親やお姉さんの影響もあって

堀島選手はスキーヤーの道へと

歩んで行かれたんですね。

堀島選手が同じ大学に進んだという事は、

お姉さんの勧めもあったんでしょう。

まとめ

2018年平昌オリンピックでは

金メダルを狙える絶好の

ポジションに立った堀島行真選手

2022年の北京オリンピックでは

姉の有紗選手と二人で

メダルを獲得してほしい

そんな期待をさせてくれる

有望なご姉弟です。





スポンサーリンク