ペダルの見張り番の評判や感想・口コミは?仕組みや適合(対応)車種!

こんにちは、倫太郎です!

ペダルの見張り番をご存知でしょうか?

ペダルの見張り番は、

オートバックスが企画し、

サプライヤーと一緒に開発した

急発進防止装置なんだそうですよ!

高齢者ドライバーが増えてきた現代において、

注目されるアイテムなのです。

名前からちょっとだけ想像はつきますが、

一体どんなアイテムなんでしょうか?

仕組みや適合(対応)車種

気になりますねぇ。

「ペダルの見張り番」の評判や感想・口コミ

についても調べてみました!



スポンサーリンク




ペダルの見張り番とは?

ペダルの見張り番は、

オートバックスが企画し、

サプライヤーと一緒に開発したアイテムで、

急発進防止装置なんです。

サプライヤーとは、

日本語で言うと供給者で、

メーカーに近い存在ですが、

主に中心的な部品を製造する業者

のことを指すそうですね。

高齢者ドライバーが増え続けており、

アクセルとブレーキの踏み間違い

による事故のニュースが後を絶ちません。

そんな事故を防ぐことができる

画期的なアイテムなんです。

ペダルの見張り番の仕組みは?

ペダルの見張り番は、

車に取り付けが必要となる装置で、

取り付けることにより、

停止中もしくは時速10km未満の時に

間違ってアクセルを踏み込んでしまっても

警告音が「ピー」っと鳴り、

エンジンの回転が上がらない仕組み

になっているそうです。

レベルはボタン一つで、

3段階に調整でき、

自分の好みの加減にすることができます。

以下2つの機能が備わっています。

●オーバーアクセルキャンセラー

誤ってアクセルを踏み込んでしまった時、

車速とブレーキ信号を検知し、

アクセル感度を制御し、

誤発進を防止する。

■ブレーキオーバーライドシステム

アクセルとブレーキを

同時に踏んでしまった時に、

ブレーキを優先させる機能。

詳しい仕組みは、

下記の動画でご確認いただけますよ。

ブレーキ踏み間違いによる事故は、

年間6000件起きているそうです。

今後も高齢者ドライバーが増え続けると、

事故の件数も比例して増える

ことが予想されますね。

この装置により少しでも

事故が減らせるのであれば

素晴らしい装置だと思いますね。



スポンサーリンク




適合(対応)車種は?

ペダルの見張り番

気になる適合(対応)車種

■TOYOTA

アクア、ヴィッツ、プリウス、シエンタなど

■NISSAN

セレナ、エルグランド、ノート、マーチなど

■HONDA

フィット、ステップワゴン、フリードなど

■DAIHATSU

タント、ムーヴ、ミライースなど

■SUBARU

レガシィ、フォレスター、インプレッサなど

■MAZDA

デミオ、ロードスター、アテンザなど

■MITSUBISHI

コルト、デリカ、ekワゴンなど

■SUZUKI

アルト、スイフト、ソリオなど

全対応車種はこちら

国産メーカー車の主要な車種は

大体対応しているのではないでしょうか?

軽自動車にも対応しているようですね。

ただ、外車には対応していないようです。

ペダルの見張り番の評判や感想・口コミは?

ペダルの見張り番に対する評判や口コミ

実際に試乗した感想などを調べてみました。

高齢者の方は、

新車を買うことが少ないので、

後付けできるこのシステムは

よいアイデアだとする意見や、

そもそも全車種に標準搭載するべき

などの意見が多く見られましたね。

実際のペダルの見張り番が搭載された車に

試乗した感想の動画もありました。

まとめ

高齢者ドライバーが増える中

発売された「ペダルの見張り番」が

ブレーキ踏み間違い事故を減らす

装置となれるのでしょうか?

また、民間企業として取り組む

のもいいのですが、

政府が支援して、

こういったシステムを

どんどん導入できるよう

働きかけていってくれるといいな

と思います。





スポンサーリンク