アーロン・ジャッジの成績と年俸は?松井秀喜とは師弟?筋肉がスゴイ!

こんにちは、倫太郎です!

アーロン・ジャッジ選手を

ご存知でしょうか?

ニューヨークヤンキースに所属する外野手で、

新人最多ホームラン記録を更新し、

筋肉がスゴイことでも

話題となっていますね。

その成功の裏には、

松井秀喜氏との師弟関係

影響しているみたいですね。

そんなアーロン・ジャッジ選手の

成績や年棒について調べてみました!



スポンサーリンク




アーロン・ジャッジのプロフィール

名前:アーロン・ジェームズ・ジャッジ

生年月日:1992年4月26日生

出身地:アメリカ・カリフォルニア州
サンホアキン郡リンデン

身長:約200.7cm

体重:約127.9kg

投球・打席:右投・右打

ポジション:外野手

出典:Wikipedia

アーロン・ジャッジ選手は、

白人と黒人のハーフとして生まれましたが、

生まれた次の日に育ての親となる、

ジャッジ夫妻に養子として

引き取られています。

このことは、

アーロンが10歳の時に

打ち明けられたそうです。

アーロン自身は特に気にすることなく、

「オーケー!全然構わないよ!」

というほどだったそうです。

両親との良好な関係が

そうさせたのでしょうね。

アーロン・ジャッジ選手の体格

身長は2mを超え体重も130kg近く

超メジャー級ともいえるほどですが、

その性格も器が大きく、

こちらも超メジャー級なんだそうです。

ジェントル・ジャイアント(優しい巨人)

というあだ名もあるそうですよ。

育ててくれた両親が、

善悪や人への接し方、努力の方法などを

丁寧に教えてくれたからこそ

今の人格になったと本人は語っています。

大きな愛情をもって育ててくれた

ということなんでしょうねぇ。

アーロン・ジャッジ選手は、

高校卒業後の2010年、

MLBドラフトにおいて32巡目(全体の935位)で

アスレチックスから指名されるも入団せず

カリフォルニア州立大学フレズノ校

へ進学しました。

大学時代は1年目から好成績を残し、

ルイビル・スラッガー社が選ぶ、

「Freshmen All-American Baseball Team」

にも選出されるなど大活躍をしています。

そして、

2013年のMLBドラフトにおいて、

1巡目追補(全体の32位)で

ニューヨーク・ヤンキースに指名され、

プロ入りを果たしています。

A級(シングルA)、

AA級(ダブルA)、

AAA級(トリプルA)を経て

2016年にメジャーデビュー。

デビュー戦となった初打席で

ホームランを放ちますが、

この年は目立った活躍ができず、

メジャーの壁にぶつかりました。

新人王&MVP同時受賞も視野に!?

メジャーの壁に直面した

アーロン・ジャッジ選手ですが、

2017年シーズンに

大ブレークを果たします。

前半戦までに30本塁打を記録し、

ジョー・ディマジオ氏が持っていた

球団の新人ホームラン記録を更新し、

オールスターにも選出されました。

オールスターでは、

ホームラン競争でも優勝を

飾っています。

後半戦こそ、

不調に苦しんだものの復調し、

マーク・マグワイア氏が持っていた

メジャー新人最多ホームラン記録49本

を更新し、

新記録を打ち立てました。

この活躍で、

イチロー選手以来となる

新人王とMVPの同時受賞にも

期待がかかっていますね。



スポンサーリンク




成績と年俸は?

アーロン・ジャッジ選手の

成績と年棒について

見ていきましょう!

■成績

・大学時代(3年間):165試合 .346 17本塁打 92打点 35盗塁

・2014年 A級: 65試合 .333 9本塁打 45打点 1盗塁

・2014年 A+級:66試合 .283 8本塁打 33打点

・2014年 ウィンターリーグ 24試合 .278 4本塁打 15打点

・2015年 AA級:63試合 .284 12本塁打 44打点 1盗塁

・2015年 AAA級:61試合 .224 8本塁打 28打点 6盗塁

・2016年 AAA級:93試合 .270 19本塁打 65打点 5盗塁

・2016年 メジャー:27試合 .179 4本塁打 10打点

・2017年 メジャー:151試合 .283 50本塁打 109打点 9盗塁
※9月27日時点

マイナーでの成績に関して言うと、

少し物足りないという感じですが、

メジャーで一気にブレークしていますね。

■年棒

アーロン・ジャッジ選手の年棒は、

2017年:544,500ドル→約6000万円です。

2018年からは大型契約が予想されますので、

一気に跳ね上がるのではないでしょうか?

ちなみに体格やスタイルで

比較されることの多い

ジャンカルロ・スタントン選手は、

2014年にマーリンズと

13年3億2500万ドル=約357億円

の大型契約を結んでいますね。

年棒にするとなんと

27億円!!

ブルゾンちえみには

及ばないものの桁違いですね。

アーロン・ジャッジ選手はまだ若いので、

これに近い契約もあるかもしれませんね。

松井秀喜とは師弟関係?

アーロン・ジャッジ選手が覚醒した

裏側には松井秀喜氏の指導があった

とも言われていますね。

師弟関係にある松井氏は、

2015年からヤンキーズの

GM特別アドバイザーに就任しています。

GM特別アドバイザーとは

マイナーを巡回して選手に

打撃指導するポジションのようですね。

2016年に実績がなかった

アーロン・ジャッジ選手を

松井氏が指導していたことも

話題になっていますね。

松井氏が日本語で指導する様子の動画も!

これはLost in Translation(言葉が通じていない)

というジョーク動画ですが、

実際に松井氏の指導が、

才能の開花に影響したことは

間違いなさそうですね。

筋肉がスゴイ!

アーロン・ジャッジ選手といえば、

体格もさることながら、

筋肉もハンパなくスゴイんです。

服の上からでも筋肉

盛り上がりがスゴイですね。

ジャッジハンパねぇ!

あの体格でこの筋肉があれば、

もう無敵でしょうね。

今後とてつもない成績を残す

レジェンド級の選手になることは

間違いないでしょうね。

■関連記事

筒香嘉智はタバコを吸う?双子の姉の画像や彼女と同棲中説を調査!

鈴木誠也が彼女のあやちゃんとデート?神ってる由来(わけ)や意味!

菊池涼介の彼女とのプリクラ画像を調査!大重アナと結婚発表?

千賀滉大のフォークがエグい!結婚して嫁がいる?妹はかわいい?

まとめ

規格外の体格で人格者でもある

アーロン・ジャッジ選手の

今後に期待ですね。

レジェンド級の成績を

残す選手となるのか

めちゃくちゃ楽しみですね。





スポンサーリンク