マイケル・マローンがボールボーイにタックル?Wikiや実際の動画は?

こんにちは、倫太郎です!

サッカーの元オーストラリア代表

アデレード・ユナイテッドに所属している

マイケル・マローン選手が

10歳のボールボーイに対し

タックルを見舞ったことが

世界中で物議を醸していますね。

前代未聞の行動に対し

マローン選手には批判の声が

集まっています。

マローン選手にはどのような処分

下されるのでしょうか?

世界の反応や実際の動画

マローン選手のWikiプロフィール

についても調査してみました。



スポンサーリンク




マイケル・マローンのWikiプロフィール

名前:マイケル・マローン

生年月日:1987年1月27日生

出身地:オーストラリア・アデレード

身長:179cm

ポジション:DF

所属チーム:アデレード・ユナイテッド

出典:Wikipedia

マイケル・マローン選手は、

オーストラリアのアデレード・ユナイテッド

に所属しているサッカー選手で、

元オーストラリア代表にも

選ばれたことがあります。

プロデビューは、

2008年12月18日に行われた

FIFAクラブワールドカップの5位決定戦

対アルアハリとの試合でした。

当時は現在と同じく

アデレード・ユナイテッド

所属していました。

いきなりデビュー戦が

クラブワールドカップだったというのも

スゴい経歴ですね。

オーストラリアのAリーグでのデビュー

翌年2009年1月25日に果たしています。

その後2010-2011年シーズン途中に

メルボルン・ハートへ移籍、

そして、

2013年にはシャンハイ・シンキン

1シーズンを過ごした後、

2013-14年シーズンに

アデレード・ユナイテッド

復帰しています。

また、

代表歴はU-20で3試合、

フル代表で1試合の出場経験があります。

日本代表ロシアワールドカップ出場決定記念号 2017年 10/20 号 [雑誌]: サッカーダイジェスト 増刊
by カエレバ

ボールボーイにタックルした?

オーストラリア代表としての経歴もある

マイケル・マローン選手ですが、

2017年11月21日に行われた

オーストラリアFFAカップ決勝

対シドニーFC戦において、

ボールボーイにタックルをお見舞い

したことが世界中で物議を醸しています。

オーストラリアFFAカップとは、

オーストラリア国内で行われるカップ戦で、

優勝チームにはAFCチャンピオンズリーグ

への出場権が与えられる大会です。

日本でいうところの天皇杯

のような大会ですね。

この試合において事件は起きました。

1-1で延長戦に突入した試合で、

延長後半6分にシドニーFCのボボ選手が

ゴールを奪い1-2で劣勢に立たされた

アデレード・ユナイテッド。

そして、

試合時間も残り僅かとなった

延長後半10分に得たスローインで、

ボールボーイがボールを渡すのを

もたついた瞬間に

あろうことかマローン選手は

ボールボーイに対しタックルを見舞い

突き倒してしまいました。

この暴挙に対し激怒した

シドニーFCのシモン選手が

マローン選手につかみかかると、

アデレード・ユナイテッドの選手も

参戦しての大乱闘となってしまいました。

このプレーでマローン選手には

レッドカードで1発退場が命じられました。

しかもボールボーイ

10歳の少年であったことも

騒動が大きくなる要因となっていますね。

ボールボーイの少年の画像はこちら

このボールボーイは、

シドニーFCファンであったと見られていますが、

リードしているシドニーFCに

有利になるようにと考えたかどうかは

分かりません。

日本のJリーグでも

徳島ヴォルティスの馬渡和彰選手が

ボールボーイを小突いたとして

レッドカードで退場となった

騒動もありましたね。

大一番で感情的になってしまうのは

理解できますが、

さすがに少年に対して

紳士たるスポーツ選手が

あのような行動をするのは

いただけませんね。

今回のマローン選手の件では

どういう状況で

どのようにタックルしたのか、

動画で見てみましょう。



スポンサーリンク




タックル動画を調査!

マイケル・マローン選手が

ボールボーイにタックル

している動画がありました。

タックル動画はこちら

確かにボールボーイがボールを

渡そうとしていないようにも見えますね。

処分はどうなる?

今回の騒動で

マイケル・マローン選手には

どのような処分が下されることに

なるのでしょうか?

馬渡和彰選手の場合では、

・2試合の出場停止

・1週間の練習参加禁止

・1ヵ月間減給20%

・社会貢献活動の実施

という処分が下されています。

しかし、

今回のマローン選手の件は、

世界中でも話題になるほど

大きくなっている点と

完全にボールボーイを

押し倒してしまっている点を

考えるともっと重い処分

なりそうですね。

世界の反応は?

今回の件について世界の人々は

どのように思っているのでしょうか?

世界の反応を調べてみました。

・ボールボーイがどんなことをしたとしても

直接触れるという行為は許されるものではない

・もし自分がこのボールボーイの親だとしたら

彼の行動を非難しないだろう。

・この少年は自身が試合を遅らせている

ことを自覚していたはずだ。

マローンの行動は間違っていない。

・ボールボーイが時間をかけようとしていたのは明らかだが、

マローンは彼に触れてはいけなかった。

引用:Youtube

などなど、

ボールボーイが意図的に

プレーを遅らせ時間稼ぎをしたことは

良くないことだが、

マローン選手も少年に触れるべきではなかった

という意見が多いようですね。

■関連記事

ロシアワールドカップ抽選会の日程はいつ?時間や放送予定を調査!

ユスファ・ムココは神童か?WikiプロフィールやYoutube動画を調査!

まとめ

世界で大々的に取り上げられている

マイケル・マローン選手の

タックル騒動はどのような処分が

下されるのでしょうか?

今後ボールボーイを少年に任せてよいか

どうかという問題の提起にもなる

かもしれませんね。





スポンサーリンク