マスク依存症を直す方法は?原因・診断法やなりやすい人とは?

ecfcc59fcf6fa9776f0d77b93caba37c_s

こんにちは、倫太郎です。

今、だて(伊達)マスク依存症深刻な問題になっている!

と話題になっています!

そもそもマスク依存症とは何?

その原因、そして診断法・治療法、

そしてなりやすい・かかりやすい人の傾向など、

マスク依存症について気になるところを

調査して来ました!

では早速見てみましょう!



スポンサーリンク




そもそも『だて(伊達)マスク依存症』って何?

2afee5ab2ebc5ab4c93b763d700a272f_s

最近では、

マスクが必要な時期が終わったり、

必要が無くなっても、

マスクを着用している人が増えてます。

その中には、今流行してる

『マスク依存症』

の人も多くいます。

『マスク依存症』とは、

ただ単に化粧をしていない部分を

隠すといった用途ではなく、

マスクをしていないと心理的に不安定になり、

落ち着かなくなる、

といった症状が現れる病気です。

その原因は?

01a186fd411554b5900c22873c7664e7_s

原因は一つではありませんが、

そのさらに大きな要因は、

コンプレックス系の心的要素が

大きく関わっています。

『顔を隠したい!』

そういう心理の現れが

『マスク着用』

という行動に現れ、

『マスク依存性』

となるのです。

その中には、

対人恐怖症から

マスク依存症になるケースもあります。

どんな人がかかりやすい・なりやすい?

これは原因にも通じるところですが、

・顔自体にコンプレックスがあり隠したい人

・人とのコミュニケーションに苦手意識があり、

他人との接点を遮断したい人

などです。

そういった心理、

・素の自分、本来の自分に自身がない

・人とのコミュニケーションに

なんらかの不安を持っている

・誰とも話したくない

・感情を読み取られたくない

などの心的要因が、

『マスク依存症』の裏には隠れています。

そういったストレスを、

マスクをすることで軽減し、

さらに依存する、

という悪循環に陥り、

気付いたらマスク無しでは

外に出れない、

ということになってしまいます。



スポンサーリンク




診断法は?

168ba4d1a935f7c56e3bf02fabb96ef9_s

自分が『マスク依存症』かもしれない!

と心配であれば、

専門医に聞くのが一番です。

自己診断ほどあてにならないものは

ありません。

ただ、下記のような症状が

現れたら注意です。

・マスクをしていないと心が落ち着かずソワソワする。

・外そうと思っても外すのが怖くて外せない

・睡眠や食事、入浴など以外、

一日の大半をマスクをつけて生活している。

あ、私だ!

と思ったら、酷くなる前に治療を始めましょう。

マスク依存症を直す方法・治療法とは?

01a186fd411554b5900c22873c7664e7_s

『マスク依存症』は、

風邪などの病気ではないので、

しっかりと特別な知識のある人に

診てもらう必要があります。

治療方法には、

『社交不安障害』の治療に使われる

『エクスポージャー法』を用いることも出来ます。

『エクスポージャー法』とは、

あえて、不安な場面を経験することで治していくもの。

いわば荒治療ですね

そういった相談も、

まずは専門の先生に

診てもらいましょう。

診断先は、

・心療内科

・カウンセラー

などにしましょう。

専門外の医師では、

マスク依存症を依存症と認識しておらず、

問題視しない可能性があるので、

必ず、専門の医師に相談しましょう!

まとめ

昔はなかった病気が

次々と出て来ますね。

隣近所にどんな人が住んでるかも知らない、

どんどん進む核家族化。

こういったことが、

コミュニケーション障害の

一つの要因になってるのかもしれませんね。

外に出て、人と会って、しゃべって、

喜怒哀楽を生活の中で出すのも、

とても大切なことのようです!

みなさん、気をつけましょうね!





スポンサーリンク