コロプラが任天堂の特許侵害で倒産?白猫は配信停止で損害賠償額は?

こんにちは、倫太郎です!

スマホ用ゲームアプリなどを開発している

コロプラが任天堂の特許侵害をしたとして

損害賠償を請求されていることがわかりました。

対象となったアプリは

白猫プロジェクトのようですが、

一体どんな特許侵害があったのかや、

配信停止になってしまうのかも

気になるところですね。

また、損害賠償額によっては

コロプラが倒産する可能性もでてきますね。



スポンサーリンク




コロプラとは?

会社名:株式会社コロプラ

設立:2008年10月1日

所在地:東京都渋谷区恵比寿

代表取締役社長:馬場功淳

資本金:6,433百万円(2017年9月時点)

従業員数:848名(2017年9月時点)

出典:http://colopl.co.jp/

株式会社コロプラはスマホ用アプリや

ゲームの開発をしている会社で、

主な代表作には、

白猫プロジェクト・白猫テニスなどの

白猫シリーズや、

ディズニーツムツムランド、

魔法使いと黒猫のウィズなどがあります。

白猫プロジェクトは

累計1億ダウンロードを突破するなど

大人気ゲームとなっていますね。

2012年に東証マザーズに上場

2014年には東証一部に市場変更をしており、

2016年9月期の連結決算では、

売上高が847億円に達するなど

急成長を遂げています。

また、

「位置ゲー」という商標の登録者にもなっており、

先駆け的なアプリ「コロニーな生活」

社長の馬場功淳氏が前職KLabに

勤務している傍らに制作したアプリで、

今のコロプラの会社名の由来にもなっています。

初心を忘れないようにと

この会社名を付けたそうですよ。

任天堂の特許侵害内容とは?

そんなコロプラですが、

特許を侵害したとして、

任天堂に訴訟を起こされていること

がわかりました。

一体どんな特許を侵害したのでしょうか?

現時点では詳細はわかっていませんが、

報道によると、

コロプラが開発運営している

「白猫プロジェクト」において、

「タッチパネル上でジョイスティックを操作する際の技術の特許」

出典:http://www.itmedia.co.jp/business/

についての侵害があったとされています。

任天堂が所有するタッチパネルとジョイスティックの特許

以下のものがありました。

任天堂が所有する特許はこちら

【課題】 ポインティングデバイスを用いてジョイスティックを模した操作を行い、

プレイヤの操作感覚に一致させることによって操作の混乱を防ぎ、

操作のレスポンスも向上させたゲームプログラム、ゲーム装置、および入力装置を提供する。

【解決手段】 スティック方向をドラッグ方向に近づける処理によって、

スティック値が示す方向がタッチパネルをプレイヤがタッチ操作するドラッグ方向に近づいていく。

したがって、プレイヤのタッチ操作方向に近い方向がスティック方向となり、

ジョイスティックを操作するような感覚でタッチパネルを操作することができる。

出典:https://www7.j-platpat.inpit.go.jp/

読んだだけではどんな機能なのかはわかりませんねぇ。



スポンサーリンク




損害賠償額はいくら?倒産の可能性は?

任天堂がコロプラに請求した損害賠償額は、

44億円と言われています。

コロプラの2016年度の利益額は約200億円

2017年度だと約87億円となっています。

利益額でみると払えそうな気もしますねぇ。

しかし、

ドル箱である白猫プロジェクト

配信停止になってしまうと

収入も減ってしまうので今後の経営は

悪化することが明白ですね。

また、

他アプリへの影響もあるとみられ、

窮地に追い込まれることは間違いなく

倒産の可能性も否定できません。

白猫プロジェクトは配信停止か?

白猫プロジェクトは配信停止

なってしまうのでしょうか?

利用者からは心配な声も聞こえてきていますね。

利用者の声はこちら

しかし、

コロプラ側は特許侵害は一切ない

完全否定しています。

コロプラの発表はこちら

白猫プロジェクトに関する訴訟提起について

いつも白猫プロジェクトをお楽しみいただきありがとうございます。

本日1月10日(水)、株式会社コロプラ(以下、「コロプラ」)は

任天堂株式会社(以下、「任天堂」)より特許権侵害に関する訴訟提起を受けた旨を発表しました。

コロプラとしては、任天堂の主張は不当であり、特許侵害の事実は一切無いものと考えております。

今後、コロプラの見解の正当性を裁判等において明らかにしてまいります。

このたびは多大なるご心配をおかけし、誠に申し訳ございません。

いつも応援していただいているユーザーの皆さまのことを第一に、

今後もより一層サービスの向上に努めてまいります。

引き続き、安心して白猫プロジェクトをお楽しみいただけましたら幸いです。

出典:http://colopl.co.jp/shironekoproject/news/details/20180110150000.php

任天堂の言い分が通れば

白猫プロジェクトの配信は停止となるでしょうし、

コロプラの言い分が通れば

そのまま配信ということになります。

全ては裁判で決着ということになりそうですね。

■関連記事

チケットキャンプの違反内容とは?トラブルでサイト閉鎖の可能性は?

レトロワグラース株式会社の社長は柴咲コウ!上場予定で何をする会社?

佐藤秀峰とフジテレビのトラブルとは?海猿実写版契約終了の原因は?

齊藤元章の結婚や家族を調査!逮捕理由は脱税?山口敬之との関係は?

Harenohi(はれのひ)が夜逃げで計画倒産か?社長の篠崎洋一郎はどこ?

篠崎洋一郎のWikiプロフや経歴を調査!顔画像も判明で逮捕の可能性は?

まとめ

白猫プロジェクトの利用者による

署名運動も始まるなど、

大きな問題に発展していますね。

コロプラが勝つのか任天堂が勝つのか

今後の行方が気になります。





スポンサーリンク