野中広務の死因は心不全で現在は病気で療養中だった?出身地はどこ?

こんにちは、倫太郎です。

元衆議院議員で内閣官房も務めた

野中広務さんがなくなったとの

訃報がありました。

現在は病気で療養中だった

とも言われていますね。

野中さんの死因は心不全だったとの

報道もあるようなのですが本当なのでしょうか?

また、

出身地についても調べてみました。



スポンサーリンク




野中広務のプロフィール

名前:野中広務(のなか ひろむ)

生年月日:1925年10月20日生

学歴:京都府立園部中学校

出典:Wikipedia

野中広務さんは、

元自民党の衆議院議員で、

内閣官房長官などを歴任し、

その政治姿勢から「剛腕」

の異名も持っていました。

京都府立園部中学校卒業後は、

国鉄の職員として勤めていましたが、

佐藤栄作氏と出会ったことで

政治家を志すようになります。

その後園部町議会議員・園部町長を経て、

京都府の副知事を務めていました。

そして1983年野中さんが57歳の時に

衆議院議員選挙に出馬し

初当選を果たしています。

衆議院議員となってからは、

内閣官房長官・自治大臣・自民党幹事長

などを歴任し、

また、

郵政事業懇話会の会長を務めるなど

「郵政のドン」としても知られていますね。

最終的には総理大臣にまでは

上り詰めることができませんでしたが、

正解に与えた影響は大きく、

「影の総理」と呼ばれたこともあったそうです。

2003年には政界を引退、

その後は大学で客員教授を務めるなど、

元政治家として政治学の指導や

研究活動を行っていました。

死因は心不全?

影の総理とも呼ばれ正解に大きな影響を与えた

野中広務さんが亡くなったとの訃報がありました。

京都府内にある病院で

息を引き取ったとされています。

死因については心不全だったそうです。

野中さんは92歳とかなりの高齢なので、

やはり心臓に負担がかかってしまった

のかもしれませんね。



スポンサーリンク




現在は病気で療養中だった?

野中広務さんは現在病気で療養中

だったようですね。

2017年の11月に京都市内にある

滞在先のホテルで倒れ意識不明の状態が

続いていたみたいですね。

倒れる2週間前ころから

体調不良を訴えていたこともあったようなので、

何かしらの病気の兆候があった可能性もありますね。

家族の話によると、

容態は安定しているとのことでしたが、

現在も入院中だったそうです。

おそらくですが、

意識は戻ることなくということ

だったのかもしれませんね。

92歳という高齢のため、

やはり体力も落ちてきていたでしょうし、

臓器系・血管なども老化により

弱っていた可能性もありそうですね。

出身地はどこ?

野中広務さんの出身地

京都府園部町(現:南丹市)です。

国鉄の職員を経て、

地元園部町の議会議員、

園部町長も務められています。

政界引退後も京都を拠点に

平成女学院大学客員教授、

立命館大学の客員教授や

京都府土地改良事業団体連合会の会長を

努めるなど地元京都の発展のために

尽力を尽くされています。

■関連記事

鳩山邦夫の死因は何?激やせの理由は?出身大学や高校を調査!

星野仙一の死因は病気?がんで闘病中だった?坂本冬美との関係を調査!

住吉都の死因は?美人アスリートに何が?Wikiプロフや経歴を調査!

まとめ

政界の巨星がまた一つ消えてしまいました。

野中広務さんのご冥福をお祈りいたします。





スポンサーリンク