国武大晃のWikiプロフ!中学や高校を調査!父親がクワガタでギネス?

こんにちは、倫太郎です!

スノーボード平昌オリンピック日本代表の

国武大晃選手をご存知でしょうか?

最年少で平昌オリンピック

出場するとあって

注目されていますね。

しかもなにやら父親

クワガタでギネス記録を持っているとか?

そんな国武選手の出身中学や高校

Wikiプロフィールについて調べてみました!



スポンサーリンク




国武大晃のWikiプロフィール!

名前:国武大晃(くにたけ ひろあき)

生年月日:2002年2月10日生

出身地:愛知県阿久比町

身長:163㎝

体重:54㎏

競技:スロープスタイルと新種目ビッグエア

スポンサー:

RIDE SNOWBOARDS/ MAX/

SURREAL/ SMITH/ STANCER/PAP/

GALLIUM/ Jacky’s Holiday

15歳で出場したソチオリンピックで、

平野歩夢選手が銀メダルを取ったのは、

当時かなり話題となり、

記憶に新しい出来事でしょう。

■関連記事

平野歩夢の現在はぱっちり二重に?経歴や使用ウェアを調査!

なんと、

2018年平昌オリンピックスノーボードでは、

またしても15歳でオリンピック出場を決めた

選手が現れました‼︎

そんな国武大晃選手のWikiプロフィール

まとめてみました。

国武選手がスノーボードを始めたのは、

驚く事に3歳の頃だそうです。

15歳という年齢で、スノーボード歴12年‼︎

幼少期から積極的に大会に出場する中で、

着々と実力を伸ばし、

2016年には14歳で

JSBA全日本スノーボード選手権で優勝。

初の海外戦となる

「The Cardrona Games2016」では

2位を獲得。

「Revolution Tour」「TOTAL FIGHT」でも

優勝していますね。

さらに、

2017年には「コンチネンタル・カップ」で3位入賞、

ワールードカップ北京大会では

ビッグエアで4位入賞するなど、

国武選手は今最も勢いに乗っている

スノーボード選手なのです。

ビックエアとスロープスタイルとは?

国武大晃選手が代表に選ばれた

『ビックエア』と『スロープスタイル』

とはどんな種目なのでしょうか。

分からない人の為に、ちょっとだけ予習です。

スノーボード『ビックエア』とは、

スキージャンプのような急傾斜面を滑り降りて、

そのまま角度を付け踏み切り台から空中

に飛び出しエア(技)を見せる競技。

引用:Wikipedia

スノーボード『スロープスタイル』とは、

コースにレール、ジャンプ台などの障害物が

設置され、滑走しながら空中技を繰り出す競

技。演技の難度だけでなく、総合的な滑走技

術採点対象となる。”

引用:http://www.tv-tokyo.co.jp/snowjapan2017/smp/overview/sb_slopestyle.html

それぞれ異なるコースやルールの中で

迫力ある滑りとジャンプを競う

華やかな競技なのです。

『ビックエア』は、

平昌オリンピックから

正式種目に加わったので、

もしかすると国武選手が

『ビックエア』で

初のオリンピックメダリストに

なるかもしれません。



スポンサーリンク




出身中学や高校はどこ?

愛知県出身の国武大晃選手は、

中学生までは愛知県東浦町で暮らしていて、

出身中学校は地元愛知県にある

東浦町立北部中学校を卒業しています。

中学生の頃から海外で

遠征に参加していた事もあり、

シーズン中は長期間学校に行けないときも

あったようです。

世界中を飛び回るトップ選手なので、

なかなか学業との両立は難しいようです。

高校は私立の通信制高校

通っている可能性が高そうです。

通信制の高校に通う事は

スノーボーダーの世界では

珍しい事ではないようですね。

中学の担任教諭だった細谷亮輔さんは、

「海外遠征で長期間、学校にいなくても誰

とでも仲良くなれる生徒だった。」

引用:http://www.yomiuri.co.jp/chubu/news/

と語っており、

国武選手の明るい人柄と

クラスメイトからの人気ぶりが伺えます。

父親がクワガタでギネス記録?

そんな国武大晃選手が幼い頃、

コーチ役を務めてきたのは、

父親の大毅さんなんだそうです。

自身では選手経験はなかったものの、

トップ選手の映像を分析するなど、

父の熱心な指導が国武選手を

ここまで成長させてくれたようです。

雪のない地域に住んでいたので、

息子のスノーボードの練習の為に、

車で数時間かけて練習場まで

送り迎えをしていたと言います。

今の国武選手があるのは、

父の全面サポートのおかげなのですね。

父親の大毅さんの画像はこちら

更に国武選手の父親が凄いのは、

スノーボードの指導だけではありません。

実はあることでギネス記録を保有している!

と話題になっています。

それが、巨大クワガタの飼育です。

国武選手の父親の大毅さんは、

クワガタのブリーダーとして

業界では有名人なのだとか。

パラワンオオヒラタクワガタを飼育し、

112.3ミリまで育てることに成功して、

見事ギネス記録として認定されました。

その記録は2016年に

塗り替えられてしまいましたが、

新記録を叩き出したクワガタも、

大毅さんが幼虫を提供したもの

なんだそうですよ。

国武選手の才能は、

1つの事を突き詰められる

情熱的な父親譲りなのでしょう。

■関連記事

岩渕麗楽の両親(父・母)や出身中学・高校は?動画や読み方を調査!

平野歩夢の逮捕疑惑はデマ?内臓破裂した怪我の状況や彼女を調査!

角野友基の彼女や成績を調査!出身中学・高校や身長は?

鬼塚雅の母親と妹がかわいい!名前はGTOが由来?スポンサーはどこ?

堀島行真(中京大学)は池田町出身!ホームゲレンデや高校・姉を調査!

まとめ

スノーボード界では、

若手の勢いが止まる事を知りません。

かつての平野歩夢選手のように、

15歳という若さで

オリンピックメダリストになる事が

出来るのでしょうか

特に新種目のビックエアでは

国武大晃選手がどんな滑りを

見せてくれるのか楽しみですね。





スポンサーリンク