辻一弘の作品が気になる!経歴やプロフィールを調査!結婚はしてる?

こんにちは、倫太郎です!

特殊メイクアーティスト

辻一弘さんをご存知でしょうか?

アカデミー賞を受賞され

話題になっていますが

どんな作品を作られているのか

気になりますよねぇ。

そんな辻さんの経歴やプロフィール

結婚しているのかについても

調べてみました。



スポンサーリンク




辻一弘のプロフィールと経歴!

Kazuhiro Tsujiさん(@kazustudios)がシェアした投稿

名前:辻一弘(つじ かずひろ)

生年月日:1969年5月25日生

出身地:京都府京都市

現住所:アメリカ・ロサンゼルス在住

学歴:龍谷大学付属平安高等学校卒業

職業:特殊メイク・アーティスト

出典:Wikipedia

2000年、映画『グリンチ』で

英国アカデミー賞メイクアップ&ヘアー賞を受賞した

特殊メイクアーティストの辻一弘さんは、

2018年にもイギリスのロンドンで

英国アカデミー賞

「メーキャップ&ヘア賞」を受賞しました。

『ウィンストン・チャーチル

ヒトラーから世界を救った男』では、

ゲイリー・オールドマンの特殊メイクを手がけ、

米国で行われる第90回アカデミー賞の

メイクアップ&ヘアスタイリング部門でも

ノミネートを果たし、

日本が誇る特殊メイクアーティストとして、

世界からも認められる存在となりました。

辻さんが映画に興味を持つキッカケになった作品は

『スターウォーズ』だったそうです。

映画で観た特殊効果に心惹かれて、

これを仕事にしたいと思ったのだとか。

書店でメイクアップ・アーティストの

ディック・スミス氏の記事を見つけた時に

「これだ‼︎」と思った辻さんは、

思い切ってスミス氏に手紙を書いたそうです。

思い立ったらすぐ行動!

成功者の鉄則ですよね。

そんな辻さんへのスミス氏の返事は、

「アメリカにもいい学校があるわけではない。

自分でやるのが一番」

という事だったそうです。

そこから辻一弘さんは、

独学で特殊メイクを学び腕を磨いたそうです。

独学でというのもスゴイですよねぇ。

何をどうすればいいのかなんて

全くわかりませんよ。

その後、

自身の作品を写真に撮って

スミス氏に送って見てもらうなど

交流を続けるうちに、

スミス氏が手がける作品に

スタッフとして参加を認められ、

プロの特殊メイクアーティスト

としてのスタートを切りました。

代々木アニメーション学院で講師を務めた後、

熱い志しを持って1996年に単身渡米。

ディック・スミスに師事した後、

兄弟子リック・ベイカーの工房

「シノベーションスタジオ」に所属。

リック・ベーカー氏らとともに

数々の作品を手掛け、

2000年には『グリンチ』で

リック・ベイカー氏らと共に

英国アカデミー賞メイクアップ&ヘアー賞を受賞。

第79回アカデミー賞、第80回アカデミー賞

でも、リック・ベイカー氏と共に2年連続で

メイクアップ賞にノミネートされています。

その後、現代美術の分野に転向し、

2013年にアンディ・ウォーホルの

壮年期・晩年の2倍サイズの頭像を制作、

ニューヨークの美術展に出品もしています。

2017年公開の映画

『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』

で、英国アカデミー賞

「メーキャップ&ヘア賞」を受賞し、

第90回アカデミー賞

メイク・ヘアスタイリング賞を受賞

される快挙を果たしました。

個人としてアカデミー賞受賞の快挙となりましたね。



スポンサーリンク




作品はどんなのがある?

辻一弘さんが携わった主な作品

以下の通りです。

1997年 メン・イン・ブラック Men inBlack

1997年 ディアボロス 悪魔の扉 The Devil’s Advocate

2000年 グリンチ How the Grinch Stole Christmas

2000年 ザ・リング The Ring

2002年 メン・イン・ブラック2 Men in Black II

2003年 ホーンテッドマンション The Haunted Mansion

2005年 地獄の変異 The Cave

2005年 ザ・リング2 The Ring Two

2006年 もしも昨日が選べたら Click

2007年 魔法にかけられて Enchanted

2008年 ベンジャミン・バトン 数奇な人生 The Curious Case of Benjamin Button

2017年 ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男 “Darkest Hour”

辻さんが携わった作品は、

作品名だけ見ても誰でも知っている豪華な

作品ばかりが並びます。

心に残る素晴らしい作品たちの影には、

特殊メイクアーティスト辻一弘さんの

巧みな技術があったのです。

グリンチは下記から視聴できます!

グリンチ (吹替版)
by カエレバ

アカデミー賞を受賞した作品はこちら

また、自身のインスタグラムに

作品の数々を掲載されていますので、

その一部を紹介させていただきます!

この技術は凄すぎますよね。

本人になりすますことも可能ですよね(笑)

結婚はしてるの?

アラフィフの辻一弘さん。

奥さんや子供の事も気になります。

年齢的に考えれば結婚して、

高校生や大学生くらいの

大きなお子さんが居ても

不思議ではありません。

しかし、辻さんの奥さんや子供など、

家族に関する情報は見つかりませんでした。

辻さんは1996年27歳の時に

単身渡米しているので、

この当時はまだ独身だった

可能性は高いでしょう。

長きに渡って映画の第一線で

活躍してきた方なので、

結婚はせずに情熱の全てを

仕事に傾けてきたのかも知れません。

それとも、公にしていないだけで、

ロサンゼルスで素敵な女性と出会って、

温かい家族を築いているのでしょうか。

■関連記事

桑畑かほるのWikiプロフと経歴!作品や結婚を調査!高校・大学はどこ?

starRoグラミー賞受賞か!?wikiプロフや年齢は?経歴がすごい!

望月新一教授の海外評価を調査!ビットコインの開発者でABC予想を証明?

カズオイシグロのおすすめや映画化作品を紹介!日本語は話せる?

まとめ

日本人がアカデミー賞を個人受賞するのは、

1993年、第65回に故・石岡瑛子さんが

衣装デザイン賞を受賞して以来の快挙となりました。

辻一弘さんの自分を信じ、

単身渡米する行動力と勇気が報われ、

人々を感動させるまでの

芸術的なメイクの技術が

世界に認められた瞬間は感動的でしたね。





スポンサーリンク