根尾昂はガムを噛んでる?出身中学や医学部の兄を調査!スキーも一流?

こんにちは、倫太郎です!

大阪桐蔭高校野球部の根尾昂選手を

ご存知でしょうか?

プロも注目の選手で、

ドラフト1位候補なんです。

しかも、

2刀流3刀流と様々なポジションを

こなせるユーティリティープレイヤーで、

更にスキーも一流の腕前なんだそうですよ。

そんな根尾選手が試合中にガムを噛んでる

という噂があるようなのですが

本当なのでしょうか?

根尾選手の出身中学や医学部に通う兄

についても調べてみました!



スポンサーリンク




根尾昂のプロフィール!

名前:根尾昂(ねお あきら)

生年月日:2000年4月19日生

出身地:岐阜県飛騨市

身長:177cm

体重:77kg

血液型:O型

所属:大阪桐蔭高校

投打:右投げ左打ち

ポジション:投手、内野手、外野手

出典:http://www.hb-nippon.com/

野球の名門大阪桐蔭高校で活躍する

根尾昴選手はお兄さんの学さんの影響で

小学2年生から野球を始めたそうです。

またたく間に頭角を現し、

小学生時代には中日のジュニアチーム

選抜されています。

小学生にして128キロのストレートを

投げる選手だったとか。

中学生の頃は飛騨高山ボーイズに所属し、

中学3年の時にNOMOジャパン日本代表

選ばれています。

この頃には、ストレートの球速は、

MAX146キロを叩き出すまでになり

高校野球界がざわつく存在となりました。

小学生の頃に出場した陸上競技大会

100m走では全国5位、

ソフトボール投げでは88.92m投げ、

全国1位と驚くほどに身体能力の高い

根尾選手は野球でも二刀流で活躍出来る選手で、

大谷翔平選手を彷彿とさせる

大物ぶりを当時から感じさせていました。

野球やスポーツだけでなく、

成績もトップクラスで、

中学では生徒会長をやっていたという根尾選手は、

各方面の高校が欲しがる人材だったそうで、

岐阜県を代表する名門進学校である

岐阜県立岐阜高校(偏差値71)や、

文武両道の名門校神奈川県の慶応義塾高校(偏差値75)、

そして、

野球の名門大阪桐蔭高校の3校が、

中学生だった根尾選手の入学を希望していました。

そんな引く手あまたの根尾選手が進学先

選んだのは大阪桐蔭高校です。

大阪桐蔭高校・野球部の西谷浩一監督は、

根尾選手の公式戦があるたびに、

大阪から駆けつけたそうで、

根尾昴選手の才能を確信した西谷監督は、

根尾昂選手とご両親に、

「一度、自分たちの練習を見に来てくれませんか」

と声を掛けたそうです。

両親と共に大阪を訪れ、

桐蔭高校の練習風景を見た根尾選手は、

自分自身の意思で大阪桐蔭高校への

進学を決めました。

根尾選手が小学6年生だった頃にテレビで

観た大阪桐蔭の試合が印象的だった事も、

入学を決意したきっかけになったようです。

大阪桐蔭へ入学した根尾選手は、

実力者揃いのメンバーの中でも、

1年生からベンチ入りを果たし、

2017年の春のセンバツに出場して優勝、

夏の甲子園にも出場するなど、

チームの主力として活躍しています。

試合中にガムを噛んでる?

インターネットで根尾昴選手を検索すると、

「根尾昴 ガム噛んでる」

というワードがあがってきます。

これは試合後に行われたインタビューでのこと。

誰かが根尾選手がガム噛んでる?

と疑問を投げかけたことがきっかけだったようですね。

実際の映像はこちら

見る限りでは全く

ガムを噛んでいるようには見えませんが、

何故そう思ったのでしょうか?

理由を探って、

根尾選手が出場した大阪桐蔭の試合を

インターネット動画で検証してみました。

甲子園の打席を見てみると、

確かに口元が動いています。

でも、

ガムを噛んでいると言うよりは、

何かつぶやいているように見えます。

試合中に自分を奮い立たせるための

行動と見てとれますね。

元巨人のエース桑田真澄さんも

マウンド上でつぶやいていましたしね。

おそらくパーフェクト過ぎる根尾選手に

ちょっとしたゴシップ報道が出れば、

注目も集まるでしょうから、

誰かが試合中の根尾選手のつぶやきを見て、

インタビュー中にもガムを噛んでいるみたいだ

と感じた個人的感想の書き込みが、

インターネットに載って

広まってしまっただけなのでは

ないでしょうか。

しかし、

アメリカの大リーグでは

選手がガムを噛んでいる姿は

当たり前のように見られますよね。

ガムを噛むことにより、

・緊張を和らげリラックスできる

・脱水症状や吐き気を防ぐ

といった効果を得ることが出来ます。

元サッカー日本代表の内田篤人選手も

試合中に止まらない吐き気を

ガムを噛むことによって止めたという

エピソードは有名ですよね。

ただ、

現状は高校野球で試合中にガムを噛む

という行為は認められないかもしれませんね。

ルール上は禁止されていませんが、

モラル的な部分で暗黙のルールな

感じがしますね。



スポンサーリンク




出身中学はどこ?

飛騨市立河合小学校を卒業した根尾昴選手は、

古川中学校に進学しています。

中学時代は野球部には所属せず、

飛騨高山ボーイズに所属していました。

JUNIOR ALL JAPANに選出され、

世界少年野球大会に出場を果たしています。

こんなにスポーツ万能なのに、

勉強もずば抜けているそうですよ。

中学時代は、いつもオール5をとっていて、

生徒会長を務めていました。

まさに文武両道。

どうやったらこんなに素晴らしい子供が

育つのでしょうか?

ちなみに根尾選手のご両親は、

お二人とも医師で地元の診療所に

勤務されているそうですよ。

兄は医学部?

根尾昂選手のお兄さんは、

根尾学(ねおまなぶ)さんです。

根尾選手が野球を始めるきっかけとなった

の学さんも高校野球に熱中しており、

斐太高校で3年生の時はエースでした。

学ぶさんが3年生の時、

斐太高校は創立以来初めて

岐阜県大会の決勝進出を果たしています。

そんなの学さんは現在、

岐阜大学の医学部へ進学しています。

医師のご子息は医師になる事が

一般的にも多く見られますが、

やはり根尾家もまた、

例外では無かったようです。

合格難易度が高い医学部に、

学さんはストレート合格しています。

弟の昴選手も医学部に入る学力は

十分にありましたが、

自分の意思で野球人生を選択しました。

兄の学さんは医師になる事を選び、

跡継ぎの使命を全うしようと

考えたのですね。

それにしてもスゴイ兄弟ですねぇ。

スキーも一流?

根尾昴選手は野球、陸上、勉強だけではなく、

スキーまで一流の腕前なんだそうです。

根尾選手の出身地岐阜県飛騨市は

豪雪地帯でもあるため、

冬季はスキー競技に励み、

雪のない期間は野球に励む生活でした。

なんと根尾選手、

全国中学スキー大会男子SLでも

優勝しているのです!

根尾昴選手は、やる事なす事全てが

パーフェクト過ぎて、

スーパーマンのようですね!

■関連記事

日置航(日大三)のプロフィールやドラフト評価は?父親も甲子園出場?

市川悠太投手(明徳義塾)の中学は?ドラフト評価や身長・体重を調査!

野村大樹(早実)は同志社中学出身!父親や彼女を調査!体重は?

万波中正は何人とのハーフ?読み方や両親の国籍が気になる!

万波中正は陸上部だった!進学先は横浜高校?中学や姉を調査!

福井工大福井のかいじくん(東島海人)がかわいいと話題!誰の弟なの?

まとめ

野球界を賑わす根尾昴選手は、

両親共に医師というエリート一家に

生まれただけでなく、

何をやっても完璧な才能溢れる青年

という事が分かりました。

プロとなって偉業を成し遂げる可能性も

十分にありますね。

根尾選手の将来性に期待が高まります。





スポンサーリンク