日置航(日大三)のプロフィールやドラフト評価は?父親も甲子園出場?

こんにちは、倫太郎です!

日大三高校の日置航選手を

ご存知でしょうか?

プロも注目のスラッガーで、

ドラフトでの評価が気になりますね。

父親も甲子園出場経験者という

サラブレッドな日置選手のプロフィール

日置電機との関係についても調べてみました。



スポンサーリンク




日置航(日大三)のプロフィール!

名前:日置航(ひおき わたる)

生年月日:2000年6月16日生

出身地:長野県上田市

身長:175cm

体重:73kg

投打:右投右打

学歴:上田市立第二中学校~日大三高校

ポジション:内野手

出典:http://sp.baseball.findfriends.jp/

日置航選手が野球を始めたのは

小学3年生の頃で、

上田南リトルに所属して

野球に励んでいた日置選手は、

リトル時代に2年連続で

日本選手権に出場しました。

中学に進むと上田南シニアに所属し、

中学3年時には日本選手権など全国3大会に

主将とし出場しました。

中学時代から野球のセンスに長けており、

リトルシニア時代の通算打率は5割超え

長打率は驚異の10割だったそうで

スーパー中学生として注目を浴び、

日大三高校に進学しました。

日大三高でも順調に実力を伸ばし、

2017年春の関東大会2回戦の専大松戸高戦では、

ドラフト候補に名前も上がっていた

川上鳳之選手からヒットを放つ活躍をみせました。

驚異的な打撃センスを見せつける

日置選手にスカウトマン

大注目していますね!

ちなみに日大三高に進学した理由は、

2017年ドラフトで7球団から1位指名を

受けた清宮幸太郎選手の影響があるそうです。

日置選手と清宮幸太郎選手は、

リトル時代に対決しています。

結果は清宮選手率いる東京北砂に

敗れてしまいましたが、

その時に見た清宮選手の打球の

飛距離と迫力に圧倒された

日置選手は清宮選手とまた対決する為に

西東京の強豪校に進みたいと考え、

日大三高への進学を決意したようです。

センバツ2018 第90回記念選抜高校野球大会公式ガイドブック (サンデー毎日増刊)
by カエレバ

ドラフトでの評価は?

高校野球の強豪校日大三高に入り、

1年生のうちからベンチ入りや

遊撃手としてレギュラー出場を果たし、

活躍の数々を見せる日置航選手は、

すでにドラフト候補に名前が上がっていますね。

現時点の予想では中位指名との

予想が多いようです。

これは、能力は十分なものを持っていると

評価されていますが、

大舞台で実力を発揮する場面に恵まれず、

インパクトを与えられていない事が

影響しています。

2017年の秋季東京都大会では、

準々決勝で3安打2打点、

準決勝で2安打、

決勝では4安打2打点と、

ほぼ毎試合と言える頻度で複数安打を放ち、

ミート力の高さを見せてくれました。

2018年日大三高の主将として

チームを背負い、

どれだけインパクトのある

活躍が出来るかで、

ドラフトの結果が違ってくるでしょう。

刺激を受けた1つ上の先輩、

清宮幸太郎選手のように、

ドラフト1位指名を受ける可能性も

十分にある選手ですね。



スポンサーリンク




父親も甲子園出場経験者?

日置航選手の父・日置透さんも元高校球児で、

甲子園に出場経験があるようです。

父である透さんが甲子園に出場したのは、

昭和62年の夏。

上田高校で2年の時に夏の甲子園に

出場を果たしています。

親子2代で甲子園の土を踏むという経験が

出来るなんて凄いですね!

自身が高校球児だったからこそ、

息子の甲子園出場は、

喜びが大きかったのではないでしょうか。

そして、プロという夢が叶う日も

目前に迫っています。

可愛い息子がプロ野球選手になるなんて、

自身も野球に情熱を注いできた

父親からしてみたら、

自分がプロ野球選手になるよりも、

嬉しいのではないでしょうか。

日置電機との関係は?

日置電機株式会社は、

長野県上田市に本社を置く会社で、

電気計測器の開発や生産、

販売を行うメーカーです。

日置航選手も長野県上田市の出身で、

「日置」という全国的に珍しい苗字ですので、

その関係性が気になるところです。

もしかしたら日置選手の父親の会社なのでは?

とも思い調べてみました。

日置電機の公式のホームページを覗いてみると、

社長を務める方のお名前は「日置」ではなく、

また役員名簿にも「日置」という方は

いませんでした。

日置電機と日置航選手の関係性

関する情報は多くないのですが、

日置選手が所属していた

上田南リトル・上田南シニアを

全面サポートしているのは、

日置電機のようですね。

日置選手がかつて所属していた

上田南リーグの練習環境は、

とても充実しており、

日置電機の会社の近くに

練習グラウンドがあり、

室内練習場も確保されています。

また、

少年野球の合宿で使う施設も、

日置電機が所有する宿泊施設で、

HIOKIロッジという立派な建物の

使用が許されています。

子供たちの合宿の場所としては、

かなり豪華な建物で、

1階には小綺麗なレストラン、

リラックススペースのラウンジ、

衛生的なランドリールームがあります。

HIOKIロッジはこちら

全国的に見てもこんなに充実した

環境の中で練習出来る少年野球クラブは

他にないのではないでしょうか。

日置選手の野球の才能を開花させた影には

充実した練習環境があったようですねぇ。

■関連記事

根尾昂はガムを噛んでる?出身中学や医学部の兄を調査!スキーも一流?

市川悠太投手(明徳義塾)の中学は?ドラフト評価や身長・体重を調査!

野村大樹(早実)は同志社中学出身!父親や彼女を調査!体重は?

まとめ

2017年秋3年生が引退した新チームでは、

日置航選手が日大三高のキャプテンに就任しました。

素晴らしい才能を持ちながらも、

大舞台では実力が出しきれず、

不完全燃焼となった試合もありましたが、

春の選抜大会では大いに実力を発揮して

くれるのではないでしょうか。





スポンサーリンク