大沼明穂沼津市長の死因は病気?持病はあったの?家族について調査!

こんにちは、倫太郎です。

大沼明穂沼津市長が亡くなったとの訃報があり、

沼津市民ならずとも衝撃が走っています。

大沼市長の死因は病気だったのでしょうか?

持病があったのかも気になりますね。

家族についても調べてみました。



スポンサーリンク




大沼明穂沼津市長のプロフィール

名前:大沼明穂(おおぬま あきほ)

生年月日:1959年6月13日生

出身地:静岡県沼津市

学歴:東京大学工学部卒

職業:沼津市長

出典:Wikipedia

大沼明穂市長は、

静岡県沼津市出身の政治家で、

小学校~高校まで沼津で過ごされています。

高校は静岡県立沼津東高校に通われていました。

当時の偏差値はわかりませんが、

最新の偏差値だと68-70

超進学校のようです。

高校卒業後は東京大学工学部に進学し、

東大オーケストラに所属したり、

海外のボランティア活動に参加したりと

充実した大学生活を送られました。

大学卒業後は、

日本アイビーエムに就職し

年まで在職し退職。

その後2003年に独立し、

ユビキタステクノロジー

代表取締役に就任されています。

大学に進学後は、

ずっと東京に住んでいた大沼市長ですが、

親の介護もあり、

沼津に戻ることになった際、

沼津に元気がないと感じ、

一念発起して2016年に

市長選への出馬を表明しました。

この時公約を、

「沼津を日本一元気な街にする」と掲げ

見事沼津市長に当選しています。

死因は病気?

大沼明穂沼津市長が亡くなった

との訃報がありました。

沼津を日本一元気な街にすると

頑張っていた矢先のことで驚きが隠せませんが、

大沼市長の死因は何だったのでしょうか?

病気を患っていたのでしょうか。

報道によると、

自宅で倒れているのを

迎えに行った市の職員が発見した

とされています。

その後病院に救急搬送されましたが、

帰らぬ人となってしまいました。

現時点では死因は発表されていませんが、

大沼市長には持病があったのでしょうか?



スポンサーリンク




持病があった?

大沼明穂沼津市長は2017年1月に

小脳出血を患い約半月ほど

入院をしていた時期がありました。

しかし、

退院後は公務に復帰し、

沼津のために公務に励んでいたようです。

大沼市長の死因と小脳出血との因果関係

についてはわかっていませんが、

なんらかの影響を与えた可能性は

否定できませんね。

トラブルもあった?

大沼明穂沼津市長には何やら

トラブルもあったようです。

知人とのフェイスブックでのやりとりにおいて、

ある市議を非難したとして、

問題になっていたことがあったようです。

小脳出血で退院後のことで、

血圧が上がり過ぎて

まっとうな状態ではなかったとして

市長は陳謝していましたが、

まっとうな状況判断が出来ないほど、

病気は深刻だったのでしょうか。

家族はいる?

自宅で倒れているところを

発見された大沼明穂沼津市長ですが、

家族と同居であれば、

家族の誰かに発見されるはずですよね。

しかし、

市の職員が発見したということで、

家族はいないのでは?

とも推測されますが、

大沼市長にはさんがいる

ことがわかっています。

海外で起業されているそうで、

一緒には住んでいなかったようですね。

また、

大沼市長は大学進学後ずっと東京に住んでおり、

数年前に親の介護のために地元沼津に

戻ってきていますので、

ひょっとしたら単身で戻ってきていた

のかもしれませんね。

まとめ

沼津市を日本一元気な街にすると

公務に励んでいた大沼明穂沼津市長でしたが、

突然の訃報で志半ばにして、

亡くなってしまいました。

ご冥福をお祈りいたします。





スポンサーリンク