本宮万記弘(水球女子日本代表監督)が体罰か?大本洋嗣との関係は?

こんにちは、倫太郎です!

水球女子日本代表監督の本宮万記弘さんが

炎天下の中スパルタ練習を課しているとして

男子日本代表監督の大本洋嗣さんから

指摘を受け合宿を打ち切ったことがわかりましたが

一体何があったのか気になりますねぇ。

スパルタというと体罰とかもあったりするんでしょうか?

大本監督との関係についても調べてみました。



スポンサーリンク




本宮万記弘(水球女子日本代表監督)のプロフィール

名前:本宮万記弘(もとみや まきひろ)

生年月日:1968年12月31日生

出身地:群馬県

職業:水球女子日本代表監督

出典:Wikipedia

本宮万記弘監督は、

群馬県立前橋商業高校を卒業後日本体育大学へ進み、

大学卒業後は群馬県立高崎高等養護学校の教員を務めていました。

その後専修大学の水球部監督を経て日本代表のコーチを歴任、

そして2018年に前監督である加藤英雄さんから

バトンタッチされる形で水球女子日本代表監督に就任しました。

本宮監督自身はスペインでもプレー経験があり、

水球会では第一人者といってもいい存在のようですね。

スペインといえば1992年のバルセロナオリンピックで銀メダル、

1996年のアトランタオリンピックでは

金メダルを獲得するなど水球の強豪国として知られています。

水球女子日本代表監督に就任直後に

スパルタ指導で問題視されることになるとは

一体どんな指導だったのか気になりますねぇ。

代表合宿が打ち切り!スパルタ練習とは?

そんな本宮万記弘監督が炎天下の中、

スパルタ練習をさせているとして問題化され、

合宿が打ち切られるという事態が発生し話題になっています。

日本列島で猛暑が猛威を振るう中、

合宿を行っていた水球女子日本代表において、

連日の炎天下の中朝5時から夜の9時まで

過酷な練習メニューを課し、

肌がやけどの状態になった選手や

過呼吸を訴えた選手などが続出したと言われています。

そんな中水球男子日本代表監督でもある

大本洋嗣監督から練習試合でのラフプレーを

SNS上で指摘されたこともあり、

精神的ダメージを受けた選手も出てきたため、

合宿を打ち切ることになったようですね。

大本監督は選手個人を非難する意図はなかったとして、

現在は問題となった投稿を削除していますが、

選手には波紋が広がっているようですね。

日本大学の悪質タックル問題もあり、

慎重になるべき時期に起こっただけに、

更に問題が大きくなる可能性もありそうですねぇ。

更には本宮監督には「体罰」という

よからぬ噂もあるようですよ。



スポンサーリンク




体罰で懲戒処分?

本宮万記弘監督には体罰で懲戒処分を受けた

という噂があるようですね。

当時(2011年)の記事では、

群馬県立前橋商業高校の水球部顧問の教師が

「指導」と称し生徒に対し暴力行為を働き、

懲戒処分を受けたとあります。

本宮監督であったかどうかまでの

確証はないようなのですが、

この教師が2011年当時42歳であったこと、

※本宮監督も2011年当時に42歳

群馬県の高校教師であることなどの共通点があることから

本宮監督ではないかと噂されているようですね。

さらにこの教師は2006年にも同じような体罰があったとして

問題になっていたことがあったようです。

あくまで噂のレベルなので、

別人物の可能性もありますが。。。

大本洋嗣との関係は?

今回の合宿打ち切り問題の発起人ともいえる

大本洋嗣監督と本宮万記弘監督の関係

気になりますねぇ。

何故大本監督は女子代表の問題に

首を突っ込むことになったのでしょうか。

大本監督の簡単なプロフィールも見てみましょう。

名前:大本洋嗣

生年月日:1967年6月26日生

職業:水球男子日本代表監督

出典:Wikipedia

大本監督は日本体育大学出身で、

2001年に史上最年少の33歳という若さで

水球男子日本代表監督に就任しリオオリンピックでは、

32年ぶりのオリンピック出場に導くなど、

日本水球界のレジェンドともいえるお方のようですね。

本宮監督との接点はというと、

大本監督は1967年生まれ、

本宮監督は1968年生まれ、

更に双方日本体育大学出身の水球部ということは

先輩後輩の仲ということになりますね。

そして男子女子は違えど日本代表の監督という立場で、

顔を合わせる機会も多かったのではないでしょうか?

女子代表の目に余るラフプレーや

合宿の過酷さに見かねて後輩へメッセージを

発信しようとしたところ、

問題が大きくなりすぎてしまったという

ことなのかもしれませんね。

■関連記事

飛龍高校野球部の不祥事は執拗な抗議?解任された監督は濱野洋!

谷口慧志(拓殖大学)がレスリング事故で頸椎損傷?画像や高校を調査!

田中英寿のプロフィール!嫁の優子夫人やオリンピックとの関係を調査!

まとめ

日大に端を発したラフプレーや

行き過ぎた指導など、

オリンピックを控える日本にとって

課題は山積みのようですね。

根性論でスポーツをする時代は終焉を

迎えているのかもしれません。





スポンサーリンク