石原仁司(日本料理人)の経歴は?京都の店(未在)の予算は?

こんにちは、倫太郎です!

料理人・石原仁司『未在』ミシュラン三つ星を7年で6回獲得!

と話題になっています!

一体どんなお店なのでしょうか?

どうやら予約は半年待ちだそうです。

一度は行ってみたい『未在』

その予算やシステムは?

そして

そこのご主人・石原仁司

気になる経歴年収などなど、

調査してきました!

では早速見てみましょう!



スポンサーリンク




石原仁司プロフィール

名前:石原仁司(いしはら しんじ)

生年月日:1952年12月15日

出身地:島根県仁多郡


7年で6回ミシュラン三つ星を獲得、

ってどうすれば出来るんでしょうねw

料理人なら誰もが欲しい称号をなぜ

この石原仁司さんばかり取れるのか!

それは積み上げて来た経験に

秘密がありそうです。

経歴

15歳で大阪に出て

大阪高麗橋吉兆本店に弟子入り。

吉兆グループ創業者湯木貞一氏から

直接指導を受けたそうです。

そこから快進撃が始まります!

19歳

京都吉兆本店へ異動

そして

わずか27歳の若さ

京都吉兆本店の料理長に!

さらに40歳

京都本店総料理長に!

いやぁ、

すごいスピード出世!

『未在』の成功には、

この経歴と実力の裏付けがあったんですね!

そして、

46歳で吉兆を辞めて、

長崎県の『雲仙』という旅館の旅亭『半水盧』で、

料理長を務めます。

この時が石原仁司さんの料理を

半年も待たずに食べるチャンスだったかも

しれませんねw

その後52歳京都に『未在』

オープンさせ現在に至ります!

ではその『未在』気になるシステムや、

そのお値段は?



スポンサーリンク




石原仁司の店『未在』の予算やシステムは?

お客さんは、

一日一回、カウンター14席のみ!

料理は、

旬の食材を毎日300種類以上使うというから

驚きです!w

すごいこだわりですよね。

そのこだわりが、

予約半年待ちに繋がる訳です。

ちなみに、

もちろん完全予約制で、

料金は3万5千円!

んでもってお一人様はダメなんだそうです。

一見3万5千円は高いかな?

って思いますが、

一流の料理人が自分の為に

一日かけて用意して下さるわけですから、

安いのかもしれません。

食材も厳選されている旬なもの

ばかりだそうですから。

ちなみに店の名前『未在』は、

石原仁司さんの座右の銘で

『限りが無く、無限である』

という意味だそうです!

そんな石原仁司さんの著書です↓

少し高いですが、

レビューによると、

お店同様、値段以上の価値があり、

料理人、文化人の方にオススメだそうです。

まとめ

めっちゃ行ってみたいですけど、

半年待ちですからね!w

私は六厘舎のつけ麺に1時間半並んだのも

結構キツかったですからねぇw

でもいつか絶対特別な日の

半年前に予約しよう!w





スポンサーリンク