メルドニウムとは日本で購入出来る薬?効果や効能を調査!

こんにちは、倫太郎です!

人気プロテニスプレーヤーのシャラポワ選手が使用・服用したメルドニウムとは?

どんな効果がある!?

と話題になっています!

報道によると10年間も服用を続けていたとの

ことなので、

かなりの効果があったのかなと

想像出来ますよね!

しかもドーピング検査で

禁止薬物に指定されるくらいですから、

筋肉増強剤のように

使えば選手としては有利に働くのでしょう。

さて今回問題になっているのは、

メルドニウム!

果たしてどんな物質で

服用するとどんな効果があるのでしょうか。

さらにすでにその違反者

出ているのでしょうか?

メルドニウムのwiki的な感じで

色々と調査してきました!

シャラポワ選手がメルドニウムを

服用する以前の2004年のウィンブルドンの映像

もありますよ!

では早速見てみましょう!



スポンサーリンク




メルドニウムってそもそも何?

01a186fd411554b5900c22873c7664e7_s

一般人の私たちには

耳慣れないというか

普通に過ごしていれば

人生で聞くこともないであろう薬名ですね。

メルドニウムについて

簡単に説明すると、分類

・ホルモン調整薬

・代謝調整薬

になります。

その効果や効能

どんなものがあるのでしょうか?

どんな効能がある?

2afee5ab2ebc5ab4c93b763d700a272f_s

メルドニウムを服用した際の効果としては、

・体液性免疫の活性化

・心臓保護

などがあります。

これは大きなメリット、

アスリートとしては、

喉から手が出るほど欲しい薬ですね。

これを服用すると、

持久力が上がるわけです。

対戦相手が疲れる後半のセットでも

自分は疲れないんですから、

それはそれは有利になりますね。

禁止にしないと不平等になるので

この措置は当然と思います。

ただ禁止になったのは

2016年からなので、

過去10年に渡って服用していたという

シャラポワ選手も、

過去については罰せられることは

なさそうです。

ではもうすでにメルドニウムによる

ドーピング違反・失格者はいるんでしょうか?



スポンサーリンク




メルドニウムでのドーピング失格例は?

2016年からの禁止薬物指定にも関わらず、

調査するともう失格者がいますねぇ。

これはちゃんと告知などは

していたのでしょうか?

それとも危険を承知で

使用・服用していたのでしょうか。

その辺りも今後問題になりそうです。

実例をあげると、

ロシアの自転車ロードチーム『カチューシャ』の選手

すでに二人、

メルドニウムによる

ドーピング違反・失格者となっています。

ちなみに、その処分の可能性では

45日間、レース出場停止処分!

というものがあるようです。

さらに、

ロシアのフィギュアスケート選手からも

ミルドロナート(商品名:メルドニウム代謝薬)

陽性反応が出て、

2016年の世界選手権の欠場

報じられています。

なんかロシアばっかり、、、w

と思ったらちゃんと理由があるそうです!

メルドニウムは、ラトビアの「グリンデスク」

という製薬会社が製造していて、

認可を受けて普及してるのがロシアなどの

周辺だけ、とのことです。

ちなみに、

日本もアメリカも不認可だそうです。

なので日本で購入することは

できません。

ただロシアのインターネット販売サイトでは

購入可能のようです。

しかし日本で未認可の薬なので、

安易に手を出すのは危険だと思います。

なのでロシアの選手ばかりが

ひっかかるのですね!納得!

ただそれぞれの処分を見てもシャラポワ選手、

今回の件一発で

即引退!

ってことはなさそうですが、

なんらかのペナルティーは

受けることになりそうです!

※追記(2016.3.8)

国際テニス連盟(ITF)は

3月12日付けで暫定的な出場停止処分を科すと

発表しました。

そしてさらに服用を始めたきっかけ

10年前から体調不良になることが

増えたため、とのこと。

ではこの辺りで

シャラポワ選手がメルドニウムを

服用する以前の2004年のウィンブルドンの映像

見てみましょう↓

関係ないですが、

杉山愛選手

現在も全然変わりませんねw

そして、

この頃でも十分すごいので、

メルドニウムなんて服用しなくても

良かったんじゃないか

とか素人の私は思ってしまいますが、

やはり効果があるんでしょうねぇ。。

さてそんなドーピング検査が

厳しくなってきたテニス界ですが

日本人選手にもすごい選手が出てきました

※関連記事 大坂なおみの姉や使用ラケットを調査!両親の国籍や体重は?

※関連記事 上地結衣の経歴やプロフィールがすごい!彼氏や結婚を調査!

まとめ

こんな世界のトッププレイヤーも

こういうミスを犯すのですねぇ。

これが本当に知らなかっただけなのか

故意じゃないのか、

その辺りも今後報道されるかもしれませんね!

追記:2017年4月のポルシェグランプリで、

ツアー大会復帰が発表されました!

今後はドーピングに気をつけて、

また世界女王に返り咲いてほしいものです。





スポンサーリンク





コメント

  1. 名無し より:

    ロシアばかり、というのは理由があります。
    メルドニウムを製造しているのはラトビアにある「グリンデクス」という製薬会社です。
    そしてメルドニウムが医薬品認可を受けて普及しているのがロシアやウクライナ、アルメニアなどの地域なのです。(ちなみに日本やアメリカでは未認可です)
    その中でもロシアは広く服用されているためスポーツ選手でもドーピング検査にひっかかる人が多いということなのです。

    • rintaro より:

      わざわざ情報ありがとうございます!

      あとで追記させていただきます!